• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

動物


愛犬に野生のオオカミが急接近した時、飼い主は為す術なく見ているだけだった→しかし予想外の出来事が起こる…!

ookamitoinu_01

町の人との交流の輪

ニックさんは、この恐れを知らないオオカミを「ロメオ」と名付けました。

それでも、近隣住民はいつかロメオが子供や自分のペットを襲うのではないかと恐れていました。

ookamitoinu_04

しかし、ロメオは群れを離れて暮らしていることから、

仲間を求めているためにこのような考えられないほど異常な社交性を持っているのではないかと考えられました。

そして近隣住民もロメオに遭遇する機会が増えるにつれ、

凶暴性も敵意もないことを徐々に理解していったそうです。

ookamitoinu_05

そして多くのジュノーの住民たちが、

ロメオが好んで出現するメンデンホール氷河公園に飼い犬を連れていきましたが、

どの犬もロメオと楽しそうに遊んでいました。

ロメオとの間で争いが起こったことは一度もありません。

ookamitoinu_06

ロメオがコミュニケーションをとれるようになったのはペットだけではありません。

犬の飼い犬主たちが投げた枝をくわえて持ってくるほど、

人間とも楽しくコミュニケーションができるようになったのです。

ookamitoinu_07

ロメオと住人たちとのその後

ロメオはその後も街の住人とその犬たちとの交流を深めていきました。

そうした交流はおよそ6年も続いたそうです。

街の住人はロメオがその生涯を終えた後、ロメオとの思い出のためにと記念碑を建てました。

ookamitoinu_08

普段はとても凶暴で恐れられているオオカミですが、こんなに人懐っこいオオカミ「ロメオ」。

きっとこの記念碑が象徴するように、ロメオの事をこの地域の住民は生涯忘れることはないでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

まみかそ!から最新記事を毎日お届けします

ページ:
1 2

3



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. syberuneko_01 母親が「しゃべる猫」という動画を送ってきた→親バカだろうとタカを…
  2. otosiyori-yuzuru 【今一度考えよう】若者が放った高齢者への言葉に、電車内のマナーを…
  3. imoutoline_07 【無駄に壮大】「ハムスターにご飯あげて」というLINEも、うちの…
  4. sintaiso_01 【爆笑&感動必至】新体操部の小ネタ満載の動きに笑いながら拍手が止…
  5. seironunten_01 【まるで漫才】ルールを守らず、「年寄り扱いするな」と言うおばあさ…
  6. urakesi_01 【再生数300万回以上!!】ロシアの美人女教師の授業風景が大人気…
  7. pankurokoge_01 母が夕飯に作ったパンは真っ黒に焦げていた!その時とった一生の教訓…
  8. obento_01 【2万5千リツイート!】母が作ってくれたお弁当を開けてみたら…あ…

Facebok

PAGE TOP