• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

【あなたはどのタイプ?】ネットに公開された『ストレス許容範囲』が当たりすぎと話題に!【3パターン】

sutoresu_01

考える


現代社会は深刻なストレス社会

sutoresu_03

もともと、『ストレス』という言葉は「外部からの刺激」という意味を表しますが、現代では主に「外部からの悪い刺激を受けて、心身に悪影響がでること」を総称して使われています。外部からの「悪い刺激」を溜め続けると、うつ病や自律神経失調症などの精神疾患に陥ったり、それに伴い体調を崩したりしやすくなってしまいます。

現代が深刻なストレス社会という状況だからこそ、ストレスと上手に付き合い、発散できるときに発散したいものですよね。

『ストレス許容範囲パターン』を考察してみた!

そんな中、しいなさん(@Shiina_YU)は「ストレスを溜めやすい人と、上手に発散できる人の違いは何?」と考え、3つのタイプを図解してくれました。

しいなさんはストレスの許容範囲を『筒タイプ』『ザルタイプ』『箱タイプ』の3つに分けてくれました。左から順にストレスを発散しやすいタイプのようです。

各タイプの詳細は、次のページで詳しく解説していきます!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

まみかそ!から最新記事を毎日お届けします





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

いま、あなたにオススメの記事

関連記事

  1. komori_01 【どうしてこうなった】パパに子どもを見てもらっていた結果→遊び心…
  2. famitegami_01 ファミレスで母親がもらった手紙には「食事を台無しにしてくれてあり…
  3. kagikaketa_01 「家の鍵、かけたっけ」濡れた体で玄関に向かうと、そこには恐ろしい…
  4. housoubu_01 【爆笑必至】体育祭で続発した音響トラブルを笑いに変えた放送部のア…
  5. baitokireru_01 注意してきた先輩に新人バイトが逆ギレ しかし客からは「それはキレ…
  6. patoka_02 パトカーに車を止めるよう言われた女性→強気な態度だった警察の顔色…
  7. seironunten_01 【まるで漫才】ルールを守らず、「年寄り扱いするな」と言うおばあさ…
  8. migimuki_01 右を向いて寝るのは危険!?今すぐ辞めるべきでしょう!その理由がこ…

アクセスランキング

Facebok

PAGE TOP