• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

【あなたはどのタイプ?】ネットに公開された『ストレス許容範囲』が当たりすぎと話題に!【3パターン】

sutoresu_01

考える


現代社会は深刻なストレス社会

sutoresu_03

もともと、『ストレス』という言葉は「外部からの刺激」という意味を表しますが、現代では主に「外部からの悪い刺激を受けて、心身に悪影響がでること」を総称して使われています。外部からの「悪い刺激」を溜め続けると、うつ病や自律神経失調症などの精神疾患に陥ったり、それに伴い体調を崩したりしやすくなってしまいます。

現代が深刻なストレス社会という状況だからこそ、ストレスと上手に付き合い、発散できるときに発散したいものですよね。

『ストレス許容範囲パターン』を考察してみた!

そんな中、しいなさん(@Shiina_YU)は「ストレスを溜めやすい人と、上手に発散できる人の違いは何?」と考え、3つのタイプを図解してくれました。

しいなさんはストレスの許容範囲を『筒タイプ』『ザルタイプ』『箱タイプ』の3つに分けてくれました。左から順にストレスを発散しやすいタイプのようです。

各タイプの詳細は、次のページで詳しく解説していきます!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

まみかそ!から最新記事を毎日お届けします




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

いま、あなたにオススメの記事

関連記事

  1. gohanwasureta_01 【納得の爆笑】遅刻しそうな朝に猫にご飯をあげ忘れたまま車に乗り込…
  2. denwasiji_01 上司「オレの引き出し。あそこの」電話での指示が的確すぎて惚れた
  3. obento_01 【2万5千リツイート!】母が作ってくれたお弁当を開けてみたら…あ…
  4. toireranpu_01 公園の多目的トイレのランプがついていても子どもだけで入るのは危険…
  5. otakutyara_01 「オレさー、オタクの子ムリなんだわー」チャラ男がそう思った理由に…
  6. omosironissi_09 超ウケる(笑)学級日誌や連絡帳での愉快すぎる先生と生徒のやり取り…
  7. jusyoku_01 【6万リツイート♪】「男が嫌い」と悩む30代女性を完全論破!住職…
  8. urakesi_01 【再生数300万回以上!!】ロシアの美人女教師の授業風景が大人気…

アクセスランキング

Facebok

PAGE TOP