• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

考える


【あなたはどのタイプ?】ネットに公開された『ストレス許容範囲』が当たりすぎと話題に!【3パターン】

sutoresu_01

現代社会は深刻なストレス社会

sutoresu_03

もともと、『ストレス』という言葉は「外部からの刺激」という意味を表しますが、現代では主に「外部からの悪い刺激を受けて、心身に悪影響がでること」を総称して使われています。外部からの「悪い刺激」を溜め続けると、うつ病や自律神経失調症などの精神疾患に陥ったり、それに伴い体調を崩したりしやすくなってしまいます。

現代が深刻なストレス社会という状況だからこそ、ストレスと上手に付き合い、発散できるときに発散したいものですよね。

『ストレス許容範囲パターン』を考察してみた!

そんな中、しいなさん(@Shiina_YU)は「ストレスを溜めやすい人と、上手に発散できる人の違いは何?」と考え、3つのタイプを図解してくれました。

しいなさんはストレスの許容範囲を『筒タイプ』『ザルタイプ』『箱タイプ』の3つに分けてくれました。左から順にストレスを発散しやすいタイプのようです。

各タイプの詳細は、次のページで詳しく解説していきます!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

まみかそ!から最新記事を毎日お届けします

ページ:
1

2

3


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. kuraianto_sanune 【オチまで完璧】イラスト料を値切る顧客に「自分でどうぞ」と言った…
  2. obento_01 【2万5千リツイート!】母が作ってくれたお弁当を開けてみたら…あ…
  3. syosan_01 【頭が固い人ほど解けない】 小学4年生の図形問題が「簡単そうで難…
  4. syojoseiro_01 女子を叩いた男子生徒を注意した教師に母親が猛抗議。その時この女子…
  5. ookamitoinu_01 愛犬に野生のオオカミが急接近した時、飼い主は為す術なく見ているだ…
  6. osyarebotoru_01 【飼い主さま必見!】犬、猫においしい水を作れる『ボトル』が人気急…
  7. kitunenohimei_01 人と犬に襲われかけて悲鳴をあげたキツネ→その場へ人が飛び込み、命…
  8. urakesi_01 【再生数300万回以上!!】ロシアの美人女教師の授業風景が大人気…

Facebok

PAGE TOP