• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

【アイディアに称賛!】マナーの悪い客に対する驚きの対処法【画像あり】

6288_01

考える


お客様が神様なのか?

飲食店だけに限らず店員さんに対して大きな態度をとったり、わざと乱暴な言葉や上から目線で注文する人を見かける事がありますよね。

ほかのお客さんとしても、気分が害され楽しい気持ちが減ってしまうと思います。

それに一生懸命働いている店員さんにとっても、同じ商品でも気持ちよく対応する事ができず誰にとってもいい事がありません。

もちろん。誰にでも意味なく気分の悪い時やイラつく事があると思います。

ただし、それは自分の問題であり他人に、ましてや店員さんにぶつけるべき事ではありません。

 

扱いについての対価とは何か?

お金をだしているからとはいえ、売ってもらう」お客さんと、「買ってもらう」店員は対等な存在ですね。

店員の我慢の上に成り立つ気持ちの良い店つくりだけではなく、お客さん一人ひとりにも気持ちよく店員が接する事ができる店を作れないのか?

アメリカのバージニア州にあるカフェは、連日頭をひねらせてその方法について考えました。

そこで、一枚の看板を設置する事に至ったのです。

その看板がこちら

6288_03

『いらっしゃいませ!

 「コーヒーS!」は5ドル

 「コーヒーのSをください」は3ドル

 「すみません。コーヒーのSをひとつお願いします」は1.75ドル』

同じコーヒーが注文の仕方、言葉使いによって値段が変わるというものです。

乱暴に注文した人は、礼儀正しく接する人の倍近い金額でコーヒーを売るという、まさに逆転の発想です。

乱暴に注文されて嫌な気持ちになるのは店員さんも同じです。

どんなに忙しかったとしても、敬語や挨拶は大切だと思ったことがきっかけだったようです。

 

ちょっとした冗談のつもりが称賛の声!

予想と反して称賛の声が多く寄せられたため、これからもこのシステムは継続するようです。

たった一言交わすだけでも、一日のほんの少しの時間を気持ちよく過ごせますよね。

 

まとめ

お互いの言葉使いが丁寧なだけで、お客はいつものコーヒーがおいしく感じられたり、店員は気持ちをこめて提供できたり。

人間関係は些細な事が、必要だったり影響したりすることありますよね。

これからはいつでも笑顔があふれたすばらしいお店で過ごせる事でしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

まみかそ!から最新記事を毎日お届けします




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

いま、あなたにオススメの記事

関連記事

  1. otosiyori-yuzuru 【今一度考えよう】若者が放った高齢者への言葉に、電車内のマナーを…
  2. yamatohenka_01 「日本人のこういうトコ好き!」ヤマトの兄ちゃんから聞いた『最近の…
  3. housoubu_01 【爆笑必至】体育祭で続発した音響トラブルを笑いに変えた放送部のア…
  4. okitegami_01 一見優しい母からの置き手紙。しかし、その結末に待っていた予想外の…
  5. syasinkuizu_01 名門私立中学の入試問題「写真を見て都道府県を答えよ」の正解がおも…
  6. sintaiso_01 【爆笑&感動必至】新体操部の小ネタ満載の動きに笑いながら拍手が止…
  7. linedansei_01 彼女ができないと言う男性 「LINEしてたら理由分かった」
  8. komori_01 【どうしてこうなった】パパに子どもを見てもらっていた結果→遊び心…

アクセスランキング

Facebok

PAGE TOP