• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

娘がいないとおとなしい犬が娘の外出30分後に突然ソワソワした理由に世界中が感動…!

inusowasowa_01

動物


糖尿病予知犬

アメリカのユタ州というところに、4歳になるセイディちゃんという一人の女の子がいました。

セイディちゃんは、先天性のダウン症と1型糖尿病を抱えていました。

セイディちゃんはまだ4歳と幼すぎるため、自分では血糖値の異常を感じ取ることができません。

そのため、彼女の両親が血糖値の安全レベルを保つことが重要となっていました。

しかしたった4歳の小さな子に対して、測定器を使用しての検査が難しい時がありました。

そのため、両親はセイディちゃんのためにある犬を飼う事にしたのです。

inusowasowa_02

セイディちゃんのために飼われたのは、ラブラドール・レトリバーのヒーローくんでした。

ヒーローくんは訓練を受けたサービスドックで糖尿病予知犬だったのです。

ヒーローくんはセイディちゃんの血糖値が100以下と低くなった時には、唸り声をあげて両親の手に左前足を置きます。

反対に血糖値が200を超えるような場合には、右前足を置くように訓練されていました。

そのため、両親は毎回セイディちゃんの血糖値をはかる必要がなくなり、ヒーローくんの嗅覚を頼りにセイディちゃんの血糖値を予知していました。

inusowasowa_03

 

離れた場所での予知

普段ヒーローくんはとてもおとなしい犬だそうです。

特にセイディちゃんがいないときは何もすることがないのでのんびりと過ごしています。

しかしある日、セイディちゃんがいないのに家にいたヒーローくんが突然鳴きはじめたのです。

このときセイディちゃんは家から8キロ離れた学校にいたのです。

そしてヒーローくんは、セイディちゃんの血糖値が低くなっていることを左前足を使って母親に知らせました。

これはセイディちゃんが家を出てわずか30分後の事でした。

家を出るときのセイディちゃんの血糖値は正常だったといいます。

inusowasowa_04

普段と様子の違うヒーローくんに母親は半信半疑でしたが、念のため学校にセイディちゃんの血糖値をはかるようにお願いしました。

それでも母親は5マイルも遠く離れた場所にいるセイディちゃんの匂いまで感じ取れるはずがない、と思っていました。

しかし学校が測ってみると、セイディちゃんの血糖値は82まで下がっていました。

これは昏睡状態に陥ってもおかしくない値です。

ふたりの絆

家を出るときは122と正常値だったのにもかかわらず、30分という短い間でそこまで血糖値が下がったこと、それをヒーローくんが感じ取ったことに驚いたといいます。

inusowasowa_05

ヒーローくんの活躍は言葉で説明するのはとても難しいでしょう。

ヒーローくんがいくら子犬の時から訓練を受けていた糖尿病予知犬だったとはいえ、8キロも離れた場所のセイディちゃんの血糖値の匂いを嗅ぎつけたというのは本当に驚くべきことです。

inusowasowa_06

セイディちゃんとヒーローくんの間は強い絆で結ばれていて、科学では証明できないテレパシーのようなものを感じているのかもしれません。

これからもふたりには仲良く幸せに暮らしていってほしいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

まみかそ!から最新記事を毎日お届けします





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

いま、あなたにオススメの記事

関連記事

  1. sutairissyuote_01 7万人がお腹を抱えた、ワンコのスタイリッシュすぎる『お手』
  2. kohasuki-_01 新しい家族に出迎えられた子ハスキー犬!嬉しさでいっぱいのキュート…
  3. akaisyudan_01 【やさしい世界】魚を釣り上げたら謎の赤い集団が!?正体を知った釣…
  4. yamatohenka_01 「日本人のこういうトコ好き!」ヤマトの兄ちゃんから聞いた『最近の…
  5. famitegami_01 ファミレスで母親がもらった手紙には「食事を台無しにしてくれてあり…
  6. 2maiheiten_01 58年間営業していた魚屋の閉店を知らせる張り紙→隣にある別の張り…
  7. mizupasuta_01 警視庁がパスタを水に漬けることをオススメしています!その驚愕の理…
  8. inutasukeru_01 車にひかれた犬を助けるため、運転手がバスを止めて乗客全員にお願い…

アクセスランキング

Facebok

PAGE TOP